fc2ブログ
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

haruki

Author:haruki
ひきこもり&ニートは完全卒業…できるかな。とりあえず、フリーター目指して頑張ってます。
.
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 場面緘黙症へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

なんでもいいから。




大学のことで 嬉しかったことがまた一つありました。



在学中、お世話になっていた先生がもう一人。



その先生は 今は大学を退職されていて

自分も 4年くらい前に偶然 駅で会ったきりでした。



なので、もう 会うことはないだろうなぁと思っていたのですが…


大学に行ったときに

「○○先生は今、こんなことをしてるんだよ」って教えてもらったので


先生の仕事場の前まで行ってみることにしました。



先生が今どうしているのか ちょっと見れたらいいなくらいの

軽い気持ちで 職場の前を通りかかって


自分は 会って話すつもりとか全くなかったんだけど。。。



窓の外を 通り過ぎてく自分に すぐに気付いてくれた先生、

走って外まで 出てきてくれました。



で、

「まぁ、いいから。とにかく入りーや!」って。



言われるがまま

中でお茶して帰りました。笑




大学にいたころの先生とは 全然違ってた。



大学では とても忙しそうで

「朝5時から仕事で、今やっと座れたー。
 
 ごめん。ご飯食べていい??」って


先生がご飯食べてるとこ見ながら、面接してもらったりしてました。




ここだけの話、、、

そんな感じで いつもいっぱいいっぱいな先生は

なんとなく頼りにならないと 担当の学生の中では評判でした。



だけど、

どんなときでもクライエントと 穏やかな笑顔で接するのを見て

やっぱり いい先生だよねって みんなに評判の先生でした。




「今の仕事も大変だよ。」って先生は笑います。




うちらの同期は トラブルメーカーばっかりで

先生も 苦労が絶えない大学生活だったようで…。




自分もトラブルメーカーだった一人としては

先生が 大学を辞めちゃって

ちょっと 複雑な気持ちだったのです。




先生、迷惑かけて 本当にごめんなさい。




本当にありがとうございました。







「何かあったら、電話して!

 なんでもいいから、相談してな。」


大学にいたときも 道で偶然会ったときも

先生は 言ってくれてた。




そして また今回も

「なんでもいいから、連絡してきて。

 だいたい通じるから。笑」

そう言って 連絡先を渡してくれました。




自分は 相談なんて難しいこと出来ないだろうけど。



力になってくれるかもっていう人がいるだけで

自分の安定感は やっぱり全然違いますね。




あんなに嫌だった大学生活で

出来た「繋がり」に感謝です。




大切にしたいと思いました




「人生はいろいろあるよ。

 お前ら面白すぎて、最高やと思う。」って

先生は何回も言うけど。


先生も 最高です。



いつかみんなで 

なんか面白いことできたらいいですね



スポンサーサイト



2011.08.28(Sun) | 未分類 | cm(2) | tb(0) |

ありがとうの一言だけ。




昨日、大学に行きました。


正式に退学届が受理されましたっていう

書類が届いたので

備品を返しに行ってきました。




自分の勘違いで 会うまでに時間がかかったけど

自分のチューターだった教授にも 無事に会うことが出来ました。



先生には どうしても会いたかったので

ほんとによかったです。



この前の記事にも書きましたが

自分が大学に行かなくなってからも

先生は 連絡をくれたり

面接してくれたりしていて。



でも自分は 一度も、一言も話すことが出来ませんでした。



なので、最後に「ありがとうございました。」って一言

自分の声と言葉で 言っておきたかったんです。



そうしないと 自分の気持ちが

切り換えられない気がしていたので…。




それで、

備品の返品は郵送でもよかったのですが

先生に会いに大学まで行ってきました。




会いに行くまではよかったのですが

いざ 先生を前にすると

全く言葉が出てこなかった。




やっぱり 緊張したというか…

固まってしまいました。




頭の中 真っ白で…



情けなさすぎです





でも、それでも先生は待ってくれました。



ゆっくり時間をかけて話を聞いてくれた。



途切れ途切れで自分でも よく分かんない話を

ちゃんと繋がるまで聞いてくれました。



あんまり落ち着いては話せなかったので

肝心の感謝の言葉を伝えられたかどうかは

よく覚えてないんですけど。




とにかく 嬉しかったです。




自分は ずっと気が付かなかったけど

先生は ずっとこういう姿勢で待っててくれたのかなって思って。




大学生にもなって 情けないけど

あの頃の自分は 本当に余裕なさすぎでした。




自分は 勝手に

誰も頼れる人はいないと 思い込んでいたけど

そうじゃなかった。




そう思えて よかった。


ちゃんと会いに行って よかったです。




後悔ばっかの 大学生活…。




終わりよければ 全てよしって

割り切れはしないけど。





これで またちょっと元気が出ました。


またちょっと 次へ繋がるエネルギーが

自分の中に 湧いてきます




どっちが前か 後ろか分かんないし

進んでんのか 迷ってんのかも分かんないけど


ちょっと ちょっとの積み重ねで

自分は、これからも歩いていくんだと思う。






ほんとは 猛ダッシュしたいけどね。笑


ゆっくりしか 歩けないのも自分かなーと

今は そう思います




2011.08.25(Thu) | 未分類 | cm(0) | tb(0) |

きせいちゅう。




ちょっと 実家に帰ってました。



しばらくぶりに 地元の病院に行ったら

「今、きせいちゅうなんだねー」って

看護師さんに言われた。



寄生虫!?

あ、帰省中かーって

そのときは 二人で笑ったけど。


大人になっても

まだ 両親に頼りっぱなしの自分には

ちょっと 心の痛かった瞬間でした





実家には ちょうどお姉ちゃんも帰っていて

自分が家の中を うろうろしていると

やっと自由に歩けるようになった姪っ子が なぜか追いかけてきます。笑



ぱたぱたぱたって足音が聞こえるんですけど

無視して歩いていると ちょっとぐずってる声がする。


なので、後ろを振り返ると

姪っ子が ニコって笑うんです。


それが なんか可愛かったので

しばらく わざと立ち止まらずにいると

結局 大泣きされてしまいました


やっぱ何事も やりすぎには注意ですね!



ちびちゃん、もう いじわるしないからね。たぶん…

また 遊んでねー






2011.08.23(Tue) | 未分類 | cm(0) | tb(0) |